La piccola casa

mucha7.exblog.jp

ドールハウス・ミニチュア&球体関節人形の制作記録   The dollhouse and the miniature are made. BJD is also made

マカロン<ミニチュアに非ず>2

d0018308_1353883.jpg
マカロンは当分みたくない・・・
そんなことを言っておきながら、性懲りもなく焼いてます。
気になる事がたくさんあって止められない。
もはや<摩訶ろん病>

ふんわりマカロンが焼けるようになったら、見た目が気になりだした。
美味しさ>見た目だとは思うけれど、
見た目=美味しさだったら、なお良いわけで。
ピンクのマカロンはピエがちょっとだけ大きく出るように焼いてみた。
コックも好みの形に出来あがったのに・・・ところどころ空洞が(涙
む~わっけわからん。




d0018308_136218.jpg

なので、まだまだ実験中(実験なのか?)
左(アールグレイ)と右(抹茶)で形を変えてみたり・・・。
見た目=美味しさ、となる日はまだ遠いようです。





ここ一月ほどマカロンを焼いていて気がついたのは、メレンゲの出来が成否のカギを握ると言う事。
空洞に悩まされていた時も、メレンゲの大切さは理解していたつもりでした。
上手く焼けないのは、しょっぼいオーブンのせいだと思ったり・・・思わなかったり。

でもね、イタリアンメレンゲで作った時に気がついたんです。
乾燥も早く焼き色もつかない、空洞もできないイタメレのマカロン。
メレンゲ以外の条件は一緒なのに、なぜだろう?
これは私の作るフレンチメレンゲは弱くて安定してないってこと?!
角が立つまでホイップしてるのに、弱いの?
絞り出しの後、空気が生地の表面に出るのもメレンゲが安定してないから?

って事で、フレンチメレンゲのレシピに戻りメレンゲ修行開始。
泡立てにしか使えない道具なんか、いらん!と思っていましたが、
ハンドミキサーも買いました。
腕がちぎれるほどホイッパーを振り回していたのが、ウソみたいに楽ちんで。
早く買っていれば良かった・・・。

ハンドミキサーで泡立て、最後はホイッパーでしめてやります。
絞り出しのあと、天板をガンガン叩きつけても、気泡がでないようになりました。
卵白を泡立てるだけなのにね・・・メレンゲって奥が深いわ~。
[PR]
by mucha_Alphonse | 2011-10-01 13:28 | マカロン