La piccola casa

mucha7.exblog.jp

ドールハウス・ミニチュア&球体関節人形の制作記録   The dollhouse and the miniature are made. BJD is also made

<   2006年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

d0018308_20172424.jpgカフェを作っていて気になっていたことがあった。
それはファサードの折戸・・・。
プロポーションを気にかけるあまり、部材の耐久性を考慮していなかった。
折戸の開閉に支障があるわけではないが、何かの予感があったのかもしれない。建物は完成していたのに・・・ここだけ未接着。

ここにきて、やっと腹が決まり折戸を作り直した(フレスコ画を書き直していた某氏のおかげかもしれません^^)
そして、エスプレッソマシーン。
出来上がったパニーニメーカーと並べてみたら、質感が全然違う(T_T)
スチレンボード製のエスプレッソマシーンは、どこか軽いンである。小さなパニーニメーカーに存在感で負けてるぞっ!カフェのメインなのにぃ~!
って事で、こちらも作り直し。やれやれ・・・・・。


材料:ひのき パンチングメタル アルミパイプ
[PR]
by mucha_Alphonse | 2006-04-30 20:29 | ドールハウス・ミニチュア | Comments(12)
d0018308_1724870.jpg模型材料店で買い込んでいた波型の板。
見つけたときは、何かに使える!とワクワクしたが、その後の出番は全く無し。
この、何かに使える・・はクセモノなのだ。

マシンのプレート部分になるかも、と切り出してみる。
木材なので塗料の乗りも良く、加工もしやすい。

d0018308_176844.jpgデロンギ社と、どこかのメーカーのデザインを参考に制作。。

d0018308_1735713.jpgパンを挟んでみると・・・おっ?マシンに見えるんじゃない?!

材料:ナマコ板 ひのき  プラ板
[PR]
by mucha_Alphonse | 2006-04-23 21:57 | ドールハウス・ミニチュア | Comments(12)

粘土型でレジン成形

d0018308_12101910.jpg小物作りにも、そろそろ飽きてきた今日この頃。
なんとか楽をして作れないものか?と考えてみた。

面倒な原型作りはせずに、既製品を粘土に埋め込みレジンを流し込んでみる。。


More
[PR]
by mucha_Alphonse | 2006-04-21 12:19 | その他 | Comments(6)
d0018308_2142117.jpgポリウレタンレジンでキャニスターを作る。
デカールを貼ってみたら・・・あら~いい感じ。

しかし、仕上げにラッカーを塗ったところ、デカールが溶けてしまった。
デカールを貼りなおしマニキュアのトップコートで再仕上げ。
デカールはラッカーに弱いらしい・・・・。
[PR]
by mucha_Alphonse | 2006-04-19 21:51 | ドールハウス・ミニチュア | Comments(8)
d0018308_0365756.jpg昨日、シリコン型で抜いた樹脂粘土のグラス。
きれいにグラスの形になりました。内側が汚いのは、粘土が固まる前にいじくってしまったからデス;^^。

d0018308_0371272.jpg左はレジン製の皿。右は樹脂粘土の皿に透明マニキュアを施してみました。
(樹脂粘土は色を混ぜ込んでいない状態)

粘土でもキレイに成形できるので、ポリウレタンレジンを使わなくても良い気がしてきました;^^
[PR]
by mucha_Alphonse | 2006-04-17 00:42 | その他 | Comments(8)
d0018308_8575551.jpgレジンを使わず粘土で成形できるか?試してみた。
貧困な文章力では上手く伝えられないし
何よりも自分が興味をもったからデス。

両面取りのシリコン型。レジンでグラスを作ったときの型を利用してみます。
右側の凸型に、こねた樹脂粘土を薄く延ばして貼りつけ、大雑把にグラスの形に整えます。。


さてさて結果は・・・
[PR]
by mucha_Alphonse | 2006-04-15 09:01 | その他 | Comments(6)

カフェ <皿>

d0018308_12495851.jpgグラス作りに使用していたのは透明エポキシレジン。
市販されている中で一番透明度が高いとされている。それに比例して価格もお高め・・・。

皿を作るのに透明感は必要ないのでポリウレタンレジンの白を使用してみる。
エポキシレジンは硬化に時間がかかるが、こちらは10分ほどで硬化完了。気泡もさほど入らずパカパカと複製品が出来上がってゆく。
難点はレジンの臭いがきついのと、速乾性ゆえ作業時間が短いこと。主剤と硬化剤を混ぜ始めてから、およそ1分で硬化開始。注入作業は終わってないのに固まり始めちゃったゾ・・・・・\(T_T)/

材料:右の骨壷入れと評されたキャニスター(もどき)はエポキシレジン。
その他はポリウレタンレジン
[PR]
by mucha_Alphonse | 2006-04-14 08:10 | ドールハウス・ミニチュア | Comments(4)

カフェ <椅子>

d0018308_23573546.jpg座面を編みなおしてみた。中心はズレたまま揃わない。
編み方が間違ってるのか??疑問を残しながら、ひとまず終了。

材料: ひのき ヘンプ
[PR]
by mucha_Alphonse | 2006-04-09 08:12 | ドールハウス・ミニチュア | Comments(10)
d0018308_178890.jpgお次はワイングラス。既製品で済まそうと思ったが、とりあえずチャレンジしてみる。

カップの部分をエポキシパテ、ステムを爪楊枝の頭、フットは石粉粘土とごちゃまぜで原型を作った。
一番の気がかりは、爪楊枝を利用した細いステムに、粘度の高いレジンが流れるか・・・・?
案の定、出来上がったグラスは全体にレジンがまわっていない。
試行錯誤の末、カップ部分を切り落とし上下に分けてみた。

カップとステムを接着して出来上がり~となる筈が、接着面が小さすぎて
上部のカップが安定しないものになってしまった。
なんか良い方法ないかなぁ~
[PR]
by mucha_Alphonse | 2006-04-05 17:33 | ドールハウス・ミニチュア | Comments(4)

使えない小物たち

d0018308_17361779.jpg100円ショップでマグネット付き小物を見つけた。
冷蔵庫などにメモを張るとき、非常に重宝するアレ。
何気に見ているとワインボトルを発見!ドールハウスショップで購入したものより、ラベルもボトルも精巧に出来ている。
これでレジンから解放されるかも・・と大量お買い上げをした。

帰宅早々、ワインボトルを比べてみる。で・・でか~!
これマグナムボトルより大きいしぃ。デザインは可愛いのに使えない(T_T)
ミニチュア小物を製作販売する企業の方々、1/12スケールで作ると言うのは如何なり?

左から、100均、ドールハウスショップ、自作のワインボトル。
[PR]
by mucha_Alphonse | 2006-04-04 17:35 | その他 | Comments(6)